YouTube いなわくTV 絶賛投稿中!!

Google Mapの使い方

地図と言えば、やはりGoogleMapでしょう。動画付で詳しく解説します。自宅のパソコンで地図を調べて、外出先ではスマホで使います。保存することが出来ますので、また行きそうな場所は保存しておくと良いでしょう。

Google Mapのサイトを使う

インターネットを起動し、Googleマップと入力しましょう。地図などでも検索結果に表示されますので「Google Map」を選びます。

画面の構成

MEMO
Googleのアカウントを取得している場合はログインしましょう。アカウントがなくても地図を見たりすることは出来ますが、保存したりする便利な機能は使えません。地図だけではなくドライブ(インターネット上の保存箱)やその他Word・Excelのような書類作成など使う事が出来ません。
メニュー
メニュー

左側には折りたたむことが出来るメニューが2枚あります。

パネルとメニュー
パネルとメニュー

下にある「パネル」を非表示にする場合は◀をクリックします。

パネルが表示されている状態で、メニューを表示/非表示にすることができます。三本の線をクリックして表示/非表示を使い分けましょう。

履歴から調べる

前に検索した履歴から調べることができます。クリックするだけでまた地図を表示することができます。

地図の動かし方

ドラッグして地図移動
ドラッグして地図移動

ドラッグ(マウスを持って押しながら移動する)ことで地図を動かすことができます。

地図の拡大/縮小

マウスのホイールで拡大縮小
マウスのホイールで拡大縮小

地図を拡大縮小するには、地図上でマウスのホイールをクルクル回して作業出来ます。

拡大縮小
拡大縮小

その他:地図の右下に上図のような記号があります。そこでスライドすることで拡大縮小することもできます。スマホでは現在の地点を調べることもできます。(一番上のマーク)

地図の詳細

この場所について
この場所について

スポットなどはそのままでクリックするとマークが表示されますが、スポット以外の地図では地図上でクリックし、右クリックすると「この場所について」が表示されます。クリックすると、左メニューにそこの写真が表示されます。保存しておきたい場合は保存を押下します。メニューの下には住所や電話番号などの詳細を表示することができます。

ルート乗り換え

ルート乗り換え
ルート

保存した場所に行きたい時、ルート検索します。「ルート・乗り換え」をクリックします。

ルート検索
ルート検索

移動する手段(車や電車など)選び、どこからかを選択し、虫メガネをクリックするとルートが表示されます。

検索した結果を携帯に送るには

モバイルに転送
モバイルに転送

検索したルート検索を携帯に送ることで、出先で調べながら移動することができます。「ルートをモバイルデバイスに送信」をクリックします。

別のモバイルデバイスに送信
別のモバイルデバイスに送信

すると、上図のようにどの手段かを聞いてきます。選んで送信します。

電車の場合

オプション
オプション

電車でのルート検索では、オプションをクリックすることで上図のように

  • バス
  • 地下鉄
  • 電車
  • 路面電車または市外電車

また、

  • 最適ルート
  • 乗り換えが少ない
  • 徒歩が少ない
  • 車椅子対応

などの細かな設定をみることができます。

共有

共有
共有

ルートが決まったら、それを誰かに知らせて共有することができます。共有ボタンをクリックして、共有します。共有にはメールやTwitterやFacebookなどがあります。

地図を埋め込む
地図を埋め込む

地図をブログサイトなどに埋め込むこともできます。「地図を埋め込む」タブをクリックし、大きさを設定してから、HTMLをコピーをクリックしてブログなどのHTMLに貼り付けましょう。

ストリートビュー

ストリートビュー
ストリートビュー

地図上を歩きながら調べることができる ストリートビュー 。画面右下に人のマークがあります。黄色い人です。それを捕まえて、地図上をドラッグすると地図に薄く青い道路が表示されます。その道路に人を置いてあげます。

するとそこの写真が表示されるようになります。

地図で調べても、どうしても建物の感覚などが実際に行ってみたら全然違っていてわからなくなるということがあります。そんな地図音痴の場合にはとても便利。下見をすることができるのでお薦めです。

ストリートビュー上では、マウスをドラッグしながら角度を変えたり、また道路上に↑が表示されますので↑をクリックするとそこまでジャンプすることも出来ます。一度に遠くまでジャンプするにはWクリックで大ジャンプすることができる嬉しい機能です。

ストリートビュー以外で地図で有名な、Google Earth(グーグルアース)です。

ストリートビューが道を歩くようなイメージに対して、 Google Earth(グーグルアース) は、鳥になって空を飛ぶイメージです。

世界、いえ、宇宙や海の中なども旅をすることができます。美術館なども散策することができますので、是非 Google Earth(グーグルアース) も楽しんでください。