YouTube いなわくTV 絶賛投稿中!!

OneDrive Vaultとは

OneDriveの中に、「個人用 Vault」というものがあると思います。これは何なのか?と思っても実際には関係ないなあとスルーしてしまっている人は多いのではないでしょうか。

この個人用 VaultのVault(ボルト)とは【金庫】を意味します。金庫ですから、貴重品を入れておくようなイメージです。つまりweb上の金庫ですね。今回はこの使い方を解説して参ります。

個人用 Vaultとは、

金庫のように守られたフォルダのこと

Vaultの本来の意味とは

アーチ形天井、アーチ形天井のようなおおい、(食料品・酒類などの)地下貯蔵室、(地下)金庫室、(銀行などの)貴重品保管室、(教会・墓所の)地下納骨所

weblio

何かをしまっておくというイメージですね。

今やwebでファイル共有したり、感染症もあって会議なども次々にweb上で済ませるようになりました。クラウドの時代では大事なファイルを保存するにもweb上にというものは当たり前になってきました。

web上は危ないか

お金で言えば、タンス預金よりも銀行に預けた方が安心ですよね。個人用 VaultはMicrosoft 社が管理しているウェブ上のツールです。自分でUSBなどに保存するよりも安心だと考えます。

ただ、Microsoftアカウントでログインする時のパスワードだけではまだ不安という方も多いはずです。パスワードの使いまわしをしている人も多いでしょうから💦

そんな時には、この個人用 Vaultがおススメです。なぜなら、更に鍵が必要になるからです。その鍵とは物理的にはスマホが必要になります。スマートフォンも個人ではFaceIDなどで強固になっていますから、そのスマートフォンに毎回届く番号を入力しないといけません。これで、少し安心出来たでしょうか?

使い方

OneDriveにアクセスして、個人用 Vaultにアクセスします。

個人用 Vaultを開く
  • エクスプローラーをクリック
エクスプローラー
  • 左にあるメニュー一覧より、OneDrive-Personalをクリックし、個人用 VaultをWクリック
個人用 Vault
  • PINの入力をします
PINの入力 パソコン起動時の4桁の数字
  • 本人確認をします。
    ****にSMSを送信をクリック
  • スマートフォンの携帯番号の下4桁を入力し、コードの送信ボタンを押下
スマホに毎回コードが届く

コードを入力すると、個人用 Vaultが開きます。

パソコンのファイルをドラッグして、個人用 Vaultに移動するとよいでしょう。

コード送信にはいろいろ方法がある

YouTube動画の解説では、SMSを利用していますがその他の方法もあります。ご自身に合ったものを利用すると良いでしょう。

  • Microsoft Authenticatorアプリ
  • ワンタイムパスワード生成用モバイルアプリによる確認コード
  • 携帯電話へのSMSへの送信
  • Microsoftアカウントに登録されている認証用メールアドレスへのメール送信

YouTubeでも解説しています!

 解説動画パソコンやスマホにはパスワード記録場所がある【簡単初心者の管理方法】

表示時間の注意点

注意
個人用 Vaultは作業をしないと自動的にWebブラウザの場合20分間、そしてモバイルアプリの場合3分間、自動的にロックされてしまいます。

ファイル数についての注意

注意
Microsoftアカウントが無料の場合には、ファイル数の制限があります。3つまでとなります。有料の会員になれば、すべてのファイルを格納することができます。